記憶するギフト“kurumu”

トップページ > 米ぬかスイーツITTEN(イッテン)

米ぬかスイーツITTEN(イッテン)

image001

従来、「ぬか」は漬物を作るための「ぬか床」として主に利用されてきました。
近年、その栄養価の高さが再認識され日本のスーパーフードとして注目され始めましたが、そのまま食べるにはクセが強く、ましてやスイーツに活用されることはほとんどありませんでした。 そんな中、ITTENのパティシエールが1年以上にわたり試作に試作を重ねて完成させたのが、第1弾の「ぬか×チーズケーキ」の“MUCU”となります。
今まで、食べものとしては扱われてこなかった「ぬか」が“発酵”という特性を活かし、素材の本来の美味しさを引き出す力強い味方となってくれました。
私たちはこの「ぬかスイーツのITTEN」を展開することにより、スイーツを口にされるお客様の笑顔や美容・健康はもちろん、地元豊田を始めとする素材生産者の方々や、新たな雇用の創出によって地域社会や食文化への貢献を拡充していきたいと考えております。
これからも「ぬかスイーツのITTEN」は新たな分野に挑み続けます。

ホームページ 
https://itten-sweets.com/

こだわり


image006
米ぬかとは、玄米を精米するときに出るお米の種子・果皮・胚芽部分のことです。玄米に含まれている栄養素の約80%がぬかの部分に集中していると言われ、更に玄米よりも糖質が少なく、食物繊維、ビタミンB群、マグネシウムなどの栄養が豊富な食材です。
また、今まで廃棄されることが多かった米ぬかを食材として取り入れることで「フードロス」の観点でも、世界から注目されている日本のスーパーフードです。

ITTENスイーツ第1弾ぬかチーズケーキ「MUCU」が完成するまで試作を繰り返すこと1年以上。ようやく辿り着くことができた、素材の魅力を最大限に表現することができる割合と調合のタイミング。
なかでも困難だったのは「米ぬか」が発酵し続ける「生き物」だということでした。少しタイミングを間違えるだけで全く違う味になってしまうので、満足いくバランスになるまで妥協せず何度も何度も作り直しました。
そうして作り上げられたITTENスイーツだからこそ、自身を持って皆様にお届けすることができます。
image005

image007
ITTENスイーツで使用する米ぬかは、地元豊田で特別栽培されている「ミネアサヒ」を使用しています。
生産量も限定され入手困難なブランド米「ミネアサヒ」。生産者さんのご協力もあり、米ぬかだけではなく米粉もITTEN専用で生産して頂くことになりました。
ITTENブランドは、地元豊田の生産者と開発者の想いが1つになったことで、スタートを切ることができたのです。


ABOUT US
企業名:來美商店株式会社
   (くるみしょうてん)

住 所:〒471-0803
    愛知県豊田市泉町1丁目3-9

代表者:代表取締役 柏本知成


営業案内
2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
2021年12月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

…出荷及び業務をお休みします